さてさて、いつもは整形バンザイ!って感じで書いてるけど・・・

最初はきっと誰だって
整形はしたくないアイプチでなんとかしたい』って思うよね?笑

そこで、今日は、アイプチでつくる二重メイク法を書いてみるよー。
これで、誰でも雑誌『ageha』並みの二重が作れます。キリッ

【用意するもの】
・メザイク
・メイク用ハサミ(眉毛用のやつ)
・プッシャー(のりのアイプチについてくるやつ)
・つけま(部分用じゃなければなんでも)
・茶系アイシャドウ

1.プッシャーでグイグイ!二重のラインをつくる

まずは、プッシャーをとにかくグイグイ押し込む!
特に、まぶたが厚い人は、かなり押し込まないとクセがつかない。

ただし、このグイグイ押し込む行為、まぶたにとっていいか悪いかといえば、ゼッタイよくない。
たとえ一時的でも、皮膚を傷めたり、皮膚を伸ばすことになる。

でも、この押し込み作業をした方が、断然キレイにラインがつくれる。
多少まぶたに悪影響があっても、キレイな二重を作りたいんだ!っていう人はコレ。

あ、むくむと二重がキレイに作れないから、夜寝る前はなるべく水分とらないようにね。

2.メザイクでひとつめのラインをつくる

まずは、もとの二重(せまい奥二重)幅の少し上、元に戻りにくいラインでメザイク。

※メザイクっていうのは、ファイバー状のアイプチ。
糸みたいに伸びて、まぶたに張りつくから、他のアイプチと比べて元に戻りにくい。

ポイントは、限界まで食い込ませて、二重を作ること。
強く食い込ませるほど二重が崩れにくくなるからね。

ただし、強すぎると、糸(メザイクのファイバー部分)がプチン!って切れる場合もある。
切れたメザイクは使えないから、新しいやつでもう一回トライ。

3.メザイクでふたつめのラインをつくる

ひとつめのメザイクでつくったラインは、『もとの奥二重の幅が、ちょっと広くなったかなー』程度。

これじゃまだまだデカ目にならないので、一つ目のラインよりも上の位置で、またメザイクします。

一つ目のラインよりも離れすぎると、崩れやすい。
かといって、一つ目のラインと近すぎても幅が広くならない。

ってことで、一つ目より、二つ目のメザイクの方が難しいです。
失敗したな、って思ったら、はがして新しいメザイクでトライ。

4.最後!3つめのラインをつくる

まだやるか!った感じだけど、最後に一番高い位置で三つ目のラインをメザイクでつくる。
最後のラインは、目頭から平行になるように、慎重に。
三つ目のラインで最終的に、二重のカタチが決まるから、両目のバランスを見ながら、丁寧に。

これで二重は完成!
ここまでかなり時間がかかるけど、めげずに何度でもトライ。

5.つけまで固定&そーっとアイシャドウ

つけまは必須!
なんでか分からないんだけど、つけまするとアイプチって取れにくくなるよね。
まぶたが動きが制限されるからかな?

で、最後に、茶系のアイシャドウで二重部分をしっかり塗りつぶします。
ポイントは、せっかく作った二重がヨレないように、そーっと、ポンポンとのせるように塗ること。

アイシャドウを濃くすればするほど、アイプチが見えにくくなるから、できるだけ濃く。
↑何本もアイプチのラインがあると、特にこの塗りつぶし作業は必須!

あ、アイプチの前は、下地とか、ファンデとか、アイシャドウベースは塗らないでね。
できれば、化粧水すらつけてない状態がベスト。

油分はメザイクの大敵!崩れにくいアイプチには仕込む工夫が必要です。

ちなみに、もし外出先でメザイクが取れてきた場合は、メザイクだけをリトライ。笑
整形っていう手を使わないで、デカ目に見せる方法は、メザイク+つけましかない。

アイプチ派の方は、ぜひ参考にしてみてねん。