整形って言うと、やっぱり芸能人のイメージが強いよね。

最近は特にネットですぐ叩かれるし。
悪くなれば劣化と言われ、キレイになれば整形と言われ、なんかもう・・・
芸能人ってホント大変そう。笑

実際、『顔がイイこと』を求められる仕事だし、文字通り顔を売ってお金をもらうワケだから、物理的に顔のメンテナンスをするのは当然だけど。

その一方、一般人はというと・・・
実は、整形する必要って、ない

整形しなくたって生きていけるし、元の顔がどんなにヒドくても(失礼)、気配りや思いやりがあれば(あるいは相手を選ばなければ)愛してくれる人だっているだろうし。
長い歴史の中で、美人もブスもいる中で、人類は今日まで繁栄してきたワケだから。笑

それでも、なんで整形する人がいるかというと、ズバリ、自己満
この一言に尽きる。

『キレイになって自信をつけたい!』
『可愛くなって人に好かれたい!』
『いつまでも若く見られたい!』

一見、美意識高そうな人が、自分磨き♪とかいって使いそうなフレーズだけど、
よくよく考えると、どれも基準が曖昧で、個人の主観でしか判断できない。
ね、自己満でしかないでしょ?笑

一般人の整形にはゴールがない

たとえば、整形をしたことがない人にとって、整形ってある意味、魔法だと思うのね。

『整形さえすれば可愛くなれる・・・』
『整形すれば、きっと人生が変わる・・・』
『整形して、元彼を見返してやりたい・・・』

こんな風に思うのって、別に間違いじゃないんだけど、残念ながら・・・
整形したら、自動的にハイ、超絶美人!今日から勝ち組!なーんてコトにはならないんだよ。

だって、身もフタもないこと言うけど、芸能人と比べて、元のスペックが違いすぎるから。
(あ、もとの顔がそこそこ可愛くて、スタイルも良くて・・・って人が整形する場合は別ね。これはうん、オメデトーって感じ。)

フツーのレベルの人がね、芸能人みたいな顔になりたいって思ったとしても、目を整形したら今度は鼻が目立って、次に鼻を直したら輪郭が気になって・・・
そもそも、元のスペックが不利なんだから、相当頑張らないと芸能人みたいな顔にはなれないわけですよ。

これを理解しないまま整形に突き進んじゃうと、ツライよね・・・うん。

芸能人なら、ある程度の土台があるし、事務所なり会社なり、本人以外のところで『この子はこういう顔にして、こんな風に売っていこう』っていう戦略があるハズ。

でも、一般人の整形にはゴールがない。
なぜなら、自己満でしかないから。

こんなこと言うと救いがないみたいだけど、これは、ちょっとでも整形に興味があるなら、知っといた方がいいんじゃないでしょーか。
何事も、絶対的なゴールや正解なんてないってことですな。