ホントは苦しい・・・芸能人の整形と一般人の整形のちがいって記事で、
一般人の整形はゴールがなくて、結局、自己満でしかないって書いたけど、
実は、もっと近くにゴールがあるよってことを書いてなかった。
ちょっと補足的に書いてみるよー。

美人=幸せ?じゃあどこからが美人?

一般的には、ブスより美人の方が、ゼッタイ人生楽しい。
誰だってチヤホヤされたら嬉しいし、学校でも会社でも、ヒイキされたらラッキーでしょ。
恋愛でも美人ってメリットにしかならない。

ただ・・・一般人としてならね、別に芸能人レベルの顔じゃなくたって、
以外と『美人』の部類に入れるんだよね。

それこそAKB48じゃないけど、学校で一番の美人じゃなくたって、
クラスで5番目くらいに可愛ければ、そこそこ『美人』の部類には入るでしょ?

でね、一般人の顔面偏差値って、女子たちが思ってるより、たぶん低いんだよね・・・笑
特に、整形に興味がある、もしくは整形したことある人って、
美意識が高いから、『美人』のレベルを高く描きがち。

普通の人よりも高いレベルを目指してるからこそ、
『自分なんてまだまだブスだ・・・』
とかって、つい落ち込むことも多いんだけど、

でも、ちょっとした整形でもね、
意外と『一般的には可愛い』レベルまではもっていけるんだよね。

あと、整形したり、整形に興味がある人って、自己評価が低い人が多い。

コレは私の感想だけど、整形して人工的に美人になった人って、
元の顔をベースに人格とか価値観が出来上がってるせいか、
ワガママでお姫さまキャラじゃなくて、むしろ『え、私なんかでいいんですか?』って感じ。

自己評価が低いおかげで、主観的にも、ちょっと顔が変わって周りからの評価が変わっただけでも、
十分嬉しかったり、楽しかったりするんだよね。

何が言いたいかっていうと、自分の中で100%美人じゃなくたって、
人から見たら、そこそこ美人に見えるんだよ、ってこと。

整形にゴールはないけど、そこそこの幸せなら、意外と簡単に手に入るハズ。