私の周りでやたら経験者が多い、埋没法

もともとアイプチしてたって子もいれば、
アイプチしたことはなかったけど、可愛くなりたくていきなりやっちゃったって子もいるけど、
割合的には、もともとアイプチしてたって子の方が、圧倒的に多い。

でね、アイプチ経験者の彼女たちが口を揃えて言うのが、
『アイプチにかけてた時間、労力、お金・・・もろもろ考えると、
さっさと埋没(結果的には切開だけど)しとけばよかった!』ってこと。

そんなことを考えてたら、3年アイプチ⇒整形しとけ説にたどり着いた。笑

まぶたコンプレックスが強い

思えば、3年間もアイプチを続けてるって、相当コンプレックスがあるってことだよね。

たとえば、アイプチしてたけど、大人になって、化粧が薄くなって、
不自然だし、めんどくさいからアイプチやめた、って知り合いがいる。

彼女はきっと、もともと自分の目に対するコンプレックスってそんなに強くなくて、
『もうちょっと可愛くなりたいなー』
っていうメイクの延長的な意味で、アイプチしてたんだと思う。
だからアイプチもすんなり卒業できた。

でもね、『アイプチがないと無理!ゼッタイ手放せない!』
っていう人もいるわけで。

ちょっと冷静に考えてみてよ。

アイプチは必要⇒卒業とかゼッタイできない⇒このまま一生続けるの?

今はアイプチでいいかもしれないけど、
40歳になってアイプチしてる自分とか、ヤじゃない?笑
大人になっても子供が生まれてもずーっとアイプチって、なんか恥ずかしいじゃん?笑

とはいえ、中学生とか、顔の成長が終わってない段階で整形するのはオススメしないけど。

3年もやってたら、周りも見慣れる

あと、3年間もアイプチしてたら、さすがに周りの人も『アイプチしてる顔』に見慣れてくる。

そこで、埋没やったって、実はあんまりリアクションない。
むしろ気づかれない。笑

整形の悩みのタネ、『整形バレ』のリスクが抑えられるって意味で、
3年ってちょうどいい期間。

オススメは『春休み整形』。
大学入る前の春休みとか、社会人になる前の春休みとか。
周りの環境がガラッと変わるタイミングでの整形は、気楽でやりやすいよねー。

というわけで、長期間のアイプチは、埋没しても変わんない、っていう話。
プールとか温泉とか、泣いたりしても、メイク崩れ気にしなくていいのがラクでイイらしいよー。