奥二重さんが、雑誌『ageha』並みの二重にするには?
っていうのを、奥二重さん必見!アイプチで作る二重!アイメイク術って記事で書いたけど、

あのときはメイクというより、アイプチの技術しか書いてなかったので、
今日はメイクの方法をメインで書いてみるよー。

1.アイプチ+つけま

一重、奥二重、幅のせまい二重・・・などなど、
もともとの二重の幅に満足できないなら、アイプチは必須。
で、つけまも必須。詳しくは↑の記事を見てね。

つけまは、真ん中の部分がアーチ状になるように、目の中央部分だけ、わざと幅をあけてつけると、キツい目がまーるく見えるようになるよ。

顔がインパクト負けしないなら、下つけまもかなりオススメ。
ただ、顔によってはキツくなるだけの人、濃くなるだけの人もいるから、
似合う似合わないは自分で判断してねー。

2.アイシャドウで立体感を出す

急いでるとテキトーになりがちなアイシャドー。
でも、ただ濃く塗ればいいってもんじゃない。

・目尻に向かって濃くなるようにグラデーションをつける
・まぶたの中央部分にはハイライトを入れる
・目尻側のくぼみ部分(ホネのとこ)にもしっかり影を入れる
・眉の下と、涙袋のハイライトも忘れずに
・明るい色や、ブルー/グリーン系のシャドウは、目が小さく見えるのでNG

アイメイクって、アイプチとかつけまとかラインに意識が向きがちだけど、意外と重要なのがこのアイシャドウ。
アイシャドウだけでも、顔の印象ってだいぶ変わるし、かなり目を大きく見せることもできるからね。

どんなにアイプチを頑張っても、アイシャドウが雑だと美人度は上がらない。

3.アイラインは太くしない

アイラインって、至近距離で鏡を見ると、太く書いたほうが目が大きく見える。
でも、ちょっと離れてみると、アイラインが太ければ太いほど、実はキツくも見える。

要はバランスなんだけど、つけま&濃いメイクに慣れてると、ついアイラインも太くなりがち。
で、アイラインが太いほど、当然だけど、二重の幅はせまく見える。

つまり、せっかく広げた二重がアイラインで埋もれて、ただ目が真っ黒な、キツい印象の人になっちゃうってこと。
自分の顔をドアップで見るだけじゃなく、ちょっと離れた場所から客観的に見るのも大事だよー。

あ、ちなみに上まぶたのインライン(粘膜部分)は必須ね。すきまは駆逐!

アイメイクはこだわりすぎて困ることってゼッタイないから、頑張って研究するべきだと私は思う。