目頭切開とは、蒙古ひだを除去し、内側に向かって目の横幅を広げる方法。

umika1

【こんな人に】

・目が離れている

・蒙古ひだのせいで平行二重にならない

・目の横幅を広げたい

・キツく見られるので、柔らかい印象に変えたい

 

【カウンセリングはどうするの?】

カウンセリングでは、目頭を内側に軽く引っ張ってシュミレーションしながら、

皮膚をどれくらい除去するのか、どの方向に切るのか、どんな方法で行うのか、先生とじっくり相談します。

真横に切り込むか、斜め下に向かって切り込むかによって印象が変わりますし、

小さく切開するのか、大きく切開するかによっても印象が変わるので、

なりたいイメージをきちんと伝えておきましょう。

 

【手術はどんな感じ?】

手術は日帰りで、30分くらいで終わります。

点眼・クリーム麻酔⇒注射麻酔⇒手術、という流れなので、

手術自体の痛みはほとんどありません。

(ああ、今切られてるな~、今縫われてるな~っていう感覚はあります)

麻酔が切れると、包丁でサックリ切ったときのような感じで、

ヒリヒリ痛みますが、痛み止めを処方してもらえるので、辛さはあまりありません。

 

【手術方法】

目頭切開にはいくつか手術方法があります。

元の目の形やなりたいイメージに合わせて、先生と相談しながら決めます。

<三日月法>

目頭部分を三日月の形に切開します。

ただし、皮膚の元に戻ろうとする力が強いと後戻りしやすい。

<Z法>

蒙古ヒダが強い人向け。皮膚を切除せず、上下から引っ張って縫合する方法なので

傷跡が目立たず、回復が早い。ただし変化は比較的小さい。

<W法>

蒙古ひだを完全に除去する方法。三日月法よりも皮膚が元に戻りにくい。

ただし修正が難しく、傷が大きくなりやすいので、ベテランの医師を選ぶこと。

 

【手術後の経過】

切り傷と同じなので1週間ほどで傷がふさがり、同時に腫れも引いていきます。

切る面積が小さいので、抜糸した翌日から普通にメイクもできます。

また、傷跡は二重の延長線上、または目頭の延長線上にあるので、あまり目立ちません。

 

【もしも、気に入らなかった場合は?】

・もっと大きく切れ込みを入れたい、あるいは目頭の形を変えたい場合

蒙古ひだの切除部分が大きすぎなければ、再手術で修正することも可能です。

・大きく切り込みすぎた場合

目頭から上まぶたまでの皮膚を切開して皮膚を広げる、蒙古ひだ形成という方法で修正ができます。

 

目頭切開は、メスを入れるとはいえ傷跡が目立たず、後から修正もできるので、

わりと気軽にできる手術です。

目頭切開+埋没法をセットで受ける人が多いようです。