『写真を見たらすごい可愛い!でも実際に会ってみたら・・・?』
『雑誌で見たらすごい美人!でもテレビで見たら・・・?』

現実でも芸能でも、写真とリアルのギャップってよくあるよね。
この“写真うつりだけいい顔”って、整形と通じるところがあるんだな。

もちろん、整形すればキレイになるよ。
目が大きくなれば、鼻筋がスッと通れば、輪郭がほっそりすれば、そりゃ誰だって美人になる。

ただ、芸能人並みにキレイな雰囲気が出せるかどうかってなると、本人のオーラに拠るところが大きい。
↑美人っぽい『雰囲気』のことね。

『元の顔が良くないと、整形しても結局美人にはなれない』って言ってるけど、
同じように、どんなに美人でも、オーラがないと美人に見えない。持論だけど。

『私にオーラなんてないよ・・・整形してもムダってこと?』

いや、それも違う。オーラは自分で作れる。
姿勢、目つき、表情・・・自信さえあればオーラは変わる。

あ、ここで言うオーラって、芸能人的なオーラのことね。
黄色とかムラサキとか、スピリチュアルな話とかじゃ全然無いのであしからず。

自信満々、自分大好き、とにかくいつも幸せ!
っていう人(知り合いに一人くらいいるっしょ?)って、
顔の造りうんぬんよりも、その人のパワーで2割増し位で美人に見えるんだよね。

整形ブログで精神論なんて語るのもおかしな話だけど、
私は人の外見は中身に影響されると思ってる。

実際、昔はすごい美人だったのに、なぜか生気が抜けたようにフツーの人になっちゃった人もいるし、
昔はフツーだったのに、仕事バリバリこなしてカッコイイ感じになった人もいるし。

整形はきっかけでしかない、っていうのをTwitterではよくつぶやいてるけど、私の本音はそっち。
必ずしも、整形=幸せではないと思う。
もちろん整形を幸せになるきっかけにすることはできるけどね。

どんな顔になりたいか<自分自身がどうありたいか
根本的なことは忘れずにいたい。