目尻切開法とは、目尻に切れ込みを入れて目幅を拡大する方法です。

他の切開法と比べて、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

yaguchi

【こんな人に】

・切れ長の目にしたい

・目そのものを大きく見せたい

・寄り目を改善したい

 

【カウンセリングはどうするの?】

カウンセリングでは、目尻を軽く横に引っ張ってシュミレーションしながら、

どれくらい幅を広げるのか、先生とじっくり相談します。

患者さんに合わせて、カットする皮膚の面積や完成後の目幅が異なるので、

自分がなりたいイメージをきちんと伝えておきましょう。

 

【手術はどんな感じ?】

手術は日帰りで、15分くらいで終わります。

点眼・クリーム麻酔⇒注射麻酔⇒手術、という流れなので、

手術自体の痛みはほとんどありません。

(ああ、今切られてるな~、今縫われてるな~っていう感覚はあります)

麻酔が切れると、包丁でサックリ切ったときのような感じで、

ヒリヒリ痛みますが、痛み止めを処方してもらえるので、辛さはあまりありません。

 

【手術方法】

目尻を切り込むようにカットし、余分な皮膚を切除して上下に広がるように縫合します。

もともと目尻の白目が皮膚で多く覆われている人は、目尻切開で目が長くなりますが、

目尻より外側に白目がない人は、白目の外側のピンク部分が露出してしまうので、

バランスを見ながら手術することになります。

 

【手術後の経過】

切り傷と同じなので、傷は1週間ほどでふさがり、同時に腫れも引いていきます。

抜糸した翌日からメイクができます。

また、傷跡は小さく、ちょうど目尻部分なのであまり目立ちません。

 

【もしも、気に入らなかった場合は?】

もっと切れ長にしたい場合は、目尻を再手術するか、バランス次第で目頭切開を行います。

切れ長になりすぎた場合は、再度目尻を手術して調整します。

 

【料金】

10万円~30万円程度。

 

切れ目にしたい人や、目そのものを大きくしたい人にオススメ。

ただし、骨格によっては、正面から見た時の印象がそれほど変わらないこともあります。

(正面から見て後ろ方向に引っ張られるため。)

本格的に目を大きくしたい場合、目頭切開+目尻切開+二重切開を同時に行うこともあります。