目の下にぷっくりふくらんだ涙袋は、

目を大きく愛らしく見せる効果があります。

pamyu

【こんな人へ】

・目もとに華がないのが悩み

・埋没や切開せずに目を大きく見せたい

・整形がわからない程度に目もとの印象を変えたい

 

【カウンセリングはどうするの?】

カウンセリングでは、どれくらいの量を注入するか先生とじっくり相談します。

ふくらみ方にも個人差があり、最初は控えめにするよう勧められることが多いです。

自分がなりたいイメージをきちんと伝えておきましょう。

 

【手術はどんな感じ?】

手術は日帰りで、10分くらいで終わります。

クリーム麻酔or注射麻酔⇒ヒアルロン酸注射、という流れなので、

手術自体の痛みはほとんどありません。

麻酔が切れると、予防接種の注射後のような違和感と、熱を帯びた腫れ感がありますが、

痛みはほとんどありません。

 

【手術方法】

目の下にヒアルロン酸を注入することで、涙袋を形成します。

ヒアルロン酸は時間が経つと体内に吸収されるため、

効果が持続するのは長くて1年、早ければ数ヶ月程度です。

繰り返し行うことで、徐々に効果が長持ちするようになります。

 

【手術後の経過】

注射するだけなので、メイクは当日からできます。

個人差がありますが、腫れは1日~1週間ほどで引きます。

まれに内出血が起こることがありますが、コンシーラーで消える程度です。

 

【もしも、気に入らなかった場合は?】

ヒアルロン酸が多すぎた場合は、体内に吸収されるのを待つか、

分解注射を行って修正することができます。

ふくらみが足りなかった場合は、再手術で調整します。

 

【料金】

5万円~20万円程度。

ヒアルロン酸の注入量によって値段が変わります。

 

ぷくっとした愛くるしい目にしたい人、針やメスを使わずに

目もとの印象を変えたい人にオススメ。

涙袋というと、きゃりーぱみゅぱみゅさんや板野友美さんなど、特徴的な涙袋をイメージしますが、

彼女達の半分くらいの小さめの涙袋でも、十分デカ目効果はあります。