大きい小鼻がイヤ!

正面から見たときの鼻の大きさって、顔全体の印象を大きく左右しますよね。

鼻翼縮小なら、鼻の幅や、鼻の穴の大きさを変えることができます。

 

【こんな人に】

・小鼻が横に張り出ているのをどうにかしたい

・鼻の高さだけでなく、大きさそのものを変えたい

・鼻の穴が大きくて目立つので小さくしたい

 

【カウンセリングはどうするの?】

カウンセリングでは、どんな形の鼻にするのか先生とじっくり相談します。

小鼻を小さくするには組織を切除する必要があり、一度切除してしまうと元に戻すのは難しいので、

バランスを見ながら慎重に決めましょう。

 

【手術はどんな感じ?】

手術は日帰りで、30分くらいで終わります。

局所麻酔または静脈麻酔があるので、手術自体の痛みはほとんどありません。

(切られてるな~、引っ張られてるな~、縫われてるな~っていう感覚はあります)

麻酔が切れると、包丁でサックリ切ったときのような感じで、

ヒリヒリ痛みますが、痛み止めを処方してもらえるので、辛さはあまりありません。

 

【手術方法】

鼻の内側をV字に切開する方法と、小鼻の付け根を切開する方法があります。

鼻の内側を切開する方法は、鼻の穴自体の大きさを小さくしたい人向き。

小鼻の付け根を切開する方法は、張り出した小鼻の位置を自由に変えることができます。

 

【手術後の経過】

切り傷と同じなので、傷は1週間ほどでふさがり、同時に腫れも引いていきます。

1週間後に抜糸、翌日からメイクができます。

鼻の内側を切開した場合、傷跡はほとんど見えません。

小鼻の付け根を切開した場合、傷跡が小鼻の輪郭に沿うので、なじめば目立たなくなります。

 

【もしも、気に入らなかった場合は?】

再手術をして修正します。

ただし、組織を切除しすぎてしまった場合の修正は難しいこともあります。

 

【料金】

30万円~40万円程度。

 

鼻翼縮小はデザインが命なので、信頼できるドクターを選びましょう。

微妙な位置の違いで大きく印象が変わるので、事前によく確認することが大事です。