『整形したい・・・』

本気かどうかわからないけど、このセリフを口に出す人って、結構多い。
気になったので、ちょっと真面目に話そうと思います。

NKJ56_majyonotukue

軽い気持ちで整形したら、失敗してヒサンな顔に!とか、
美しくなりたかっただけなのに、ヤブ医者に騙された!とか、
テレビのドキュメンタリーとかで、たまにやってるよね。

あのね・・・今日はちょっとキツイこと言うよ。
私に言わせれば、結局あれって全部・・・自己責任なんだよね。

だって、整形に手を出したのは自分でしょ?
その病院や医者を選んだのは自分でしょ?

そもそも整形しなければ、失敗したり、騙されずに済んだわけでしょ?
それなら、整形するって決めた自分自身に責任がある。

たとえば、コレ・・・例としてはちょっとどうかと思うけど、
おネエの人っているじゃない?

あの人たちって、どこまで“女”でありたいかって基準が、人によって違うらしいんだよね。

はるな愛ちゃんみたいに、『すっごくキレイな女性になりたい!』って人もいれば、

『女性に見えればOK!』とか、
『豊胸できれば満足!』って人もいるし、

『心が女ってだけで十分、外見は気にしない』って人もいる。

でもきっと・・・美しくなりたいっていう願望そのものは
誰だってもってるハズなんだよね。

ただ、実際どうするかっていうのは、その願望がどれくらい強いか、
どこまでリスクをとれるか・・・によって決まる。

たとえば、はるな愛さんは、目も鼻もエラも歯もアゴも胸も、ぜーんぶ手を加えてるってカミングアウトしてるわけだけど、
それを実際にやるのって、金銭的にも肉体的にも、かなりのリスクなわけですよ。

大金かけても、うまくいかないかもしれない。
手術が失敗したり、後遺症が残るかもしれない。←実際、後遺症残ったらしいけど。

それでもやるわけですよ。
わざわざ海外に行って、お金かけて、痛い思いしてね。

なんでやるかっていったら、そのリスクを取らなきゃ美しくなれないから。

(あ、ちなみに整形って必ず事前にしっかりリスクの説明されます。
プチ整形の埋没法ですら、体調によっては腫れが長引くこともある、とか
糸がすぐにとれることもある、とか、内出血が出ることもあるとか、いろいろ。
なにかあったら、あとで病院側も困るからね。)

リスクをとらずに、今のままでいるか、
リスクをとってでも、今の状況を変えるか。

整形に限らず、『判断しなきゃいけない状況』って、どれも同じ。
整形するか、しないか。ホントにシンプル。

どっちがいいとか悪いとか、
どっちが幸せとか不幸とか、
どっちが正しいとか間違ってるとか、
そーゆーのまったくないと思う。

親や友達に反対されたから・・・って人もいるかもしれないけど、
『人の意見を気にする』って決めたのも、自分自身だからね。

自分がどうしたいか。それだけですよ。

もしも今、整形するかどうかで悩んでるなら、
リスクも受け入れられるか?それともこのままでいいのか?

よく考えてみたらいい。

どっちを選択しても、自分は自分だし、
結果がどうであれ、自分が決めたことの責任は、自分にしかとれないからね。

私は、整形くらいで人生がいい方向に変わるなら、整形しちゃえばいーじゃんって思ってるけど、
これも私ひとりの経験・意見に過ぎないし。

他人から見たらね、整形したとかしないとか、割とどーでもいいのよ。笑

何が言いたいかっていうと、あんまり難しく考えすぎて悩む必要なんてないよ、ってことです。
楽しく生きた方がトクだよ。